保湿クリーム

MENU

50歳 私が一番気をつけるポイント

一番気を付けているポイントは、伸びの良さです。

 

手など部分的に使うところは、さほど気になりませんが、全身に使用する場合は伸びが良くないとムラになってしまいます。

 

他には、香料の入っているものに関しては、香りも重要なポイントになります。

 

乾燥肌なので、特に冬場は手荒れやお布団に入った時の身体の痒みに悩まされています。
そのため保湿クリームは欠かせないものになっています。

 

まず、お風呂上りに全身に使うものに関しては、サラッとしていて伸びが良いものが一番使いやすいです。

 

息子がアトピー性皮膚炎だった頃に処方されて使っていた『ヒルドイドローション』がとてもよかったので、私が皮膚科にかかった時に、それを処方してもらいました。

 

(現在は、後発品として『ビーソフテンローション』が出ているようです。)

 

お風呂から上がって、肌が乾燥する前にいかに早く保湿剤を塗るかがポイントだということを、息子のアトピー治療の時に教えていただきました。

 

このヒルドイドローションは全身にムラなくサッと塗ることが出来ます。
サラッとしていても保湿力はしっかりとあるので、お布団に入ってから痒みが出ることはありません。

 

また、香料が入っていないところが、全身に塗るには良いかと思います。

 

手の乾燥や手荒れ防止の保湿クリームは、香料が入っていてしっかり塗れるものがお気に入りです。
手は、炊事や手洗いなどで水を使うことが多いので、しっかり塗れるものがいいと思います。

 

ただ、べたつきが残るものは、料理などする時は気になるので、肌なじみの良いものがいいです。

 

香料が入っているものは、全身に塗る時は匂いがキツく感じることもありますが、手など部分的に塗るときには、お気に入りの香りのクリームはアロマのようで気分的に気持ちがいいです。

 

保湿クリームはたくさん種類が出ていますが、塗る場所や季節によって使い分けをし、自分に合ったお気に入りのものが見つけられればいいと思います。

 

ヒフミド 口コミ

 

ユーグレナ オールインワン

 

アヤナス 口コミ

更新履歴